楽しく生きたい!イキイキ生きたい!

人生をイキイキ楽しく過ごしたいと思いながら、なかなかできない自分自身を変えていくための、チャレンジや経験のお裾分けブログ

自分の知らない他者から見た自分って気付いてますか?

どうも。ぱうろです。

昨日 看護学校の時の友人がうちの事業所に見学に来ました。 今仕事を探しているようで、 最後の転職と本人は考えていて いろんなところに見学に行ったり見に回っているようでした。

見学の後、うちの上司と 面接を受けて帰りました。

実は私、 看護学校の時はその子に憧れていたんです。 元々運動ができて お調子者だけども勤勉で どちらかというとちょっとした男前の印象もあって。 何をさしてもそつなくこなして、いつも友人の中の中心にいたような人物でした。

昨日の面接では、 色々突っ込まれていたのですが、 その内容もそつなくこなしていたように見えました。
その時上司が言った言葉が すごく印象的で、 本質を捉えていて すごいなあと思いました。

何を言われてたかというと

「今日、私の質問に今日見たことや言っていた言葉をまとめて話している感じがするけど、本当に自分が感じたことは?」って言われていました。

それを聞いていて、友人は「自分の意見や思いより相手求めている正解を探す」事を意識いていたんだと。

そういう一面って一見場当たり的にやってのける力はあると見えがちですが、「その人の本心」って周囲はわからないですよね。無理をしやすいはずです。
なので、よくいる「あれ?あいつサラッとこなすから仕事で悩みなんてなさそうやのに辞めたわ」とかって思われるタイプになりますよね。

そこに本人の「生きにくさ」があるんだと思います。

転職を繰り返してる彼にとって、それが本人の感じていない今までの本質的な部分なんだと言うことを、本人に気付かせてくれたそんな面接に見えました。

ジョハリの窓って知ってますか?

f:id:pauro1026:20190806083032p:plain
詳しくは検索してみてくださいw

誰しもが、生きていく中で、自分の知らない他者から見た自分が存在しますし、隠された自己も存在します。

ただ、自分が存在し生きていく中で、生きにくさがあるとすれば、ジョハリの窓で書かれている要素が影響している可能性があります。

今回の事も本人は辛かったと思います。
ただ、そういった自分な知らない他者から見た自分を知れただけで、私は今回の面接は良かったと思っています^^

友人がより良い人生の選択が出来ることを祈ります。


ではまた。