楽しく生きたい!イキイキ生きたい!

人生をイキイキ楽しく過ごしたいと思いながら、なかなかできない自分自身を変えていくための、チャレンジや経験のお裾分けブログ

河野太郎の腕時計と同じスタイルって

どうも。ぱうろです。

実は結婚記念日のプレゼント買ったんです。

何を買ったかというと、
f:id:pauro1026:20191019191121j:plain
竹の腕時計。
アマゾンの商品説明には、
河野太郎の腕時計と同じスタイルと書いてあったw
すっごく曖昧な時計ですが(^^)

実物を見てみると意外と良さげです!
なにせ軽い!

賛否両論あるかと思いますが、
今の私の精一杯(汗)

来年はもっといいもの買えるように頑張ります!

ではまた。

笑顔のプレゼンターに俺はなる!

どうも。ぱうろです。

昨日、妻から少し誕生日には早いのですが、誕生日プレゼントをもらいました^_^

私がいつも通勤で使っているリュックサックはボロボロだったので、約30Lぐらい収納できる大きめのリュックをもらいました。

結構いい感じで気に入っています^^
人から物をもらうっていうのはすごく嬉しくて、それは言葉や気遣い、笑顔とかでもそうだと思います。


何かを貰う何かを送るというのは相手があってこそ成立するものですよね。

なので、その時は必ず相手のことを思い、考えているそういう時間があります。

私はそういう時間がすごく尊いなと思いますし、プレゼントをもらった時にそれを想像してすごく愛おしく思ってしまいます。

私も決めていたことがあって、
誰かと会う時に必ず「笑顔で会う」ということを意識しています。

まだ、修行中なので、
仕事に行ってすぐとか、
起きてすぐとかw
なかなか笑顔が出ない瞬間もあったりもしますが、
私と出会った人が笑顔になれるように「笑顔のプレゼンター」になることを意識しています。

実は、私の誕生日、結婚記念日と一緒なんです。
私忘れやすいので(笑)

だからプレゼントを贈り贈られしますw
でも、もらって嬉しくて贈って喜ばれ2倍幸せな瞬間です^_^

何をプレゼントするかワクワクしますねw
まずは満面の笑顔かな?(笑)


ではまた。

みんな違ってみんないい

どうも。ぱうろです。

最近はだんだん涼しくなってきましたね。
まだ僕は半袖で過ごしているのですが、妻はもう冬模様の服を着て衣替えも済ましています。

私は基本的に汗っかきで暑がりで仕方がないので今のこの感じがちょうどいいのですが、妻は寒い寒いと言っています(笑)

世の中の一番小さい社会という部分で考えた時に、夫婦間っていうのは、まさに小さい社会関係と言えると思います。

その中で体感的な温度の感じ方や考え方、捉え方が違うということは、社会というのはもっと複雑でもっと多様性の多い部分と想像できますよね。

対人関係ってまずは違いを受容し、受け入れる、承認していくというところが重要だと思っています。

「みんな違ってみんないい!」

そんな感じですね!


ではまた。

富士山登るつもりが阿蘇山だったよみたいな

どうも。ぱうろです。

今日すごい快晴ですね。
台風の被害に遭われた方や被災された方はどうでしょうか?皆様の無事を祈ります。

今実習生の方が来られているんですが、その方といろいろ話をしていて、自分の職場と私が今勤めている職場を比較して悩んでおられました。

その方との会話の中で一番のポイントだなと思ったのは、「目的や目標の明確化」だと思いました。

チームで動くのもそうですが個人のことに関しても、上記に書いた目的や目標の明確化って非常に重要だと思います。

例えば、登山に行こう!と決めていても、
登りたい山が富士山だったのに、「どこの山に登るか」が明確でなければ、間違って槍ヶ岳に登ってしまうかもしれませんし、阿蘇山に登ってしまうかもしれません。

もう1回やり直すなんてなかなか難しいと思いますし、労力がいることだと思うのです。

チームでも一緒で、一人ひとりがバラバラではなかなかまとまりません。
みんなで登山と言っているのに、富士山を目指す人がいたり、阿蘇山に向かう人がいたりした同じことをしたい集まりでもバラバラですよね。

案外、会社やチームではそういう事って起こりやすいんです。

ただやりたいことを話し合って深めていくだけでできる事だと思います。あとポイントは「本音を出す」「意見は否定しない」「建設的に」話し合うことですね。


ではまた。

ネガティ部ポジティ部

どうも。ぱうろです。

休み明けまた仕事始まりましたね^^;
月曜日になるとどうしても嫌になったり気分が沈み込んでしまったりします。

仕事の嫌だなあとか向き合いたくないなぁとかそういう部分を感じてしまいやすいんですよね。
決して嫌な部分だけではなくて、いい部分もあるにもかかわらずです。

人間て基本的にはネガティブな部分もあると思うんです。表裏一体と言うか。

物事の捉え方ってその人の感じ方や捉え方が大きく影響して、ポジティブな側面とネガティブな側面の側面のどちらに振るかを決めていると思います。

なのでネガティブな側面をポジティブの方に振るためにどうすればいいかを考えればいいんです。

後はそういったネガティブな側面をポジティブに変えて行くことも可能だと思います。
ポジティブに変えるというよりポジティブに使っていくというイメージが近いと思いますが。

例えば「僕ってこういうネガティブな部分があったんだけど、こんな風にしたら大丈夫だったんだよね」というような、誰かにポジティブな側面として伝えていくとことも可能だと思うのです。

何よりそれが誰かのポジティブにつながることだったら素敵ですよね。


ではまた。

転職して、勇者にならなりたいかも

どうも。ぱうろです。

最近色々考えてしまいますが、
何を考えているかというと、「転職」ですw

え?みたいな感じになりますが、
別に戦士や、僧侶になりたいわけではありません。
まあ、勇者ならなってみたいですが(笑)

それはさておき、今の仕事と違う仕事をしたいと思っています。

私は仕事は何をやってもいいと思っていますが、ぶれたくない部分があります。

それは「人に笑顔を与える」ことです。

私は、最近、周囲の人に
講演家になり「笑顔のプレゼンター!ぱうろです!」みたいなことを言うんだと話しています。

出会った多くの人に、
「あなたに会えてよかった」
「あなたの笑顔に触れて笑顔になれた」
みたいなことをいっぱい言ってもらえるような、そんな自分になりたいと思っています。

そこに自分の価値を見いだせるように頑張ります!


ではまた。

武井壮のこの考えはやばい

どうも。ぱうろです。

昨日YouTubeを見ていて、
武井壮さんがどこかで授業かなんかをしていたやつがあって、短い動画だったんですが、少し胸が熱くなる言葉があって。
もともと体力やスポーツセンスは良くて何でもできる感じがあったそうですが、ある時気付いたそうです。

すっごく参考になって学びになりました。

受け取った伝えたかったことを整理すると、
「自分の価値は、世の中に自分が必要とされる数」なんだということです。

そうですよね。
人の価値は、求めている人の数で決まるんですよね。

例えばライブハウスで、いつも閑古鳥が鳴いているような誰も入らない人が音楽やってても食べていけませんよね。

「ニーズの数がそのものの価値」なんですよね。

なるほどと思いました。

その「ニーズ数=価値」の方程式としてどうやっていくかが大切なんですよね。


武井壮さんは、今の自分の価値を知ったことや、ニーズを満たせるように体の動かし方や考え方、付き合いのある芸人の言葉を録音して一字一句覚えるぐらい聞いたりしたそうです。

それは、自分の市場価値を知ることも大切でしたが、「自分本来の価値を自分が知っていた」だからどりょくできた事に他ならないと私は思います。

自分の価値を知っているのは自分だけです。

例えば、店先の商品の例えば美顔のローラーが1万円で書いてあると、人は高いの安いの言いますw
ただそのローラーを作った人は、使った効果を知っててその値段をつけてるんです。
私もそうですが、世の中の人は自分の価値を低く見積もりがちです。

必要される数が、そのものや自分の価値なのは、その真価を知るがゆえの努力のベクトルが合ったことにほかならないかもしれません。


ではまた。

スタッフとサシのみから思うこと

どうも。ぱうろです。

昨日、新人のスタッフとさし呑みしたんです。
少し飲みすぎてしまいました^^;

入職して間もないこともあって、うまくいかないことも多くて悩んでいたようでした。
自分の今までした失敗やうまくいかなかったことをざっくばらんに話をしながら伝えて、最後は笑顔で別れました。

気づいたことなんですけど、
自分がやった失敗や躓いたことって年数が経ってみて改めて考えてみると新たな気づきがあるものです。

人って自分の失敗や躓いた経験などは、なかなか人に喋りたがらない人も多いと思うんです。

そらそうですよね、
自分が失敗したりする経験ってマイナスイメージしかないと思いがちだから相手にどう思われるんだろうとそういう感覚に囚われてしまうんです。

でも、私は失敗した話ばかりをよく話をしてます。

人に伝えるというところは非常に重要で、人に自分が行った経験をわかりやすいように整理をしながら次どのようにしたほうがよかったのかと言う、一種の PDCAサイクルのようなことを言語化するわけです。

人は意味づけされ言語化できることは行動に移すことができます。

そのことを意識して人に伝えることを続けていると自分が同じことでつまずきにくく、価値のある行動に変えて行くことができます。

あと私が意識していることはもう一つあります。

それは「自分の経験を抵抗なく面白おかしく伝える」というところです。

人は失敗をしたりつまずくことは人生のうちで絶対にありますが、どこか人って「自分しか間違う奴はいない」というぐらい周りはうまくいってると思いがちです。

そういうことを自己開示できると、人間味が出て愛着を持ってもらいやすいという側面もあります。
だから、最近テレビ番組なのでしくじり先生みたいな番組が好感を持たれやすいんです。

ただそれだけではなくて、
自分のうまくいってない経験を伝えることで、その人のイメージの中で身近な人の失敗人生からのリカバリーし成長し成功していくプロセスのストーリーを植え付けることができます。
人はストーリー展開した内容があると、自分に置き換えやすいんです。

なので、自分の経験を参考にしてきっかけを掴んでもらいやすいので、バンバン笑いに変えて伝えています^^

もっと笑いに変えて自己開示していきます!


ではまた。

癒やしのハニーラテ

どうも。ぱうろです。

今日は内容のあるものを書きません!w

書かないって今決めました(笑)

最近疲れているのか考えれなくて、キャパオーバーですね^^;

とりあえずやることやる!

最近の私のハマっている癒やしの道具は、
f:id:pauro1026:20191011084418j:plain
ローソンのハニーラテ!

これやばいっす、超ほっこりしますよ^_^

ぜひお試しあれ!


ではまた。

職場でのグリーフケアで思うこと

どうも。ぱうろです。

最近、朝と夜が冷えますね。
なんか寂しいというか、
夏も終わりな気持ちになりますね^_^

昨日は、仕事の人たちとミーティングがあって、
以前、お伝えしたか分からないですが、2ヶ月くらい前に同じスタッフの一人が亡くなりることがあり、そのグリーフケアだったんです。

話をしていると、やっぱりみんな普段から思い返すところもあるみたいで、人の存在って大きかったんだなって思います。

人の喪失体験って残されたものにとって心のダメージもありますが、人を変える部分もあります。

中には、今までは仕事で割り切って泣かないようにしようと決めてたが、他人の優しさに涙が出そうになるになった人もいました。

悲しみや苦しみに今も向き合ってる人もいますし、時間の経過と共に薄らいだ人もいます。
心の閾値を変えてしまう部分もありますし、壁を作る人もいるかもしれません。

ただ私は、それが「困りごと」というよりは残された人たちを変えていくための「プレゼント」だったとそんな気がします。

今は分からなくても、
何年後かにその変化が出てくるんじゃないかと思っています。

ではまた。

薬師寺推し

どうも。ぱうろです。

今日は、なんか文章がまとまらずなかなか書けなくて。

1つ気づいたのですが、
「音声入力は頭の中で思考がまとまっていないと書けない」ということ。

私はいつもブログを音声入力で書いているのですが、今日進まなかったのは頭がまとまらなかったせいだと思ってます。

なかなか新しい気づきです(笑)

奈良駅は、何か薬師寺推しです。
f:id:pauro1026:20191009083135j:plain
なかなか素敵ですね^_^


ではまた。

教員同士のいじめってなんだろうね。

どうも。ぱうろです。

今日朝のニュースで「なんだかな〜」と思う事件がありました。内容としては、どこかの市の教員が同じ立場にある教員をいじめていたというような内容で。

でもそれをニュースで聞いた時点では「え?」って言うショックというよりは、「だろうな」という納得というかそんな感じがしました。

教師の方には大変失礼で申しわけないですが、その世界だけが聖職ではないんです。教える側も人間なんで。
人間は過ちを犯すもので、そこからの学びを力にしていける生き物です。

今回の事をどう子どもたちに伝えていくかが大切なんです。

ある意味あるあるかもしれませんが、学校に行ってそのまま資格を取って就職するような特殊な仕事は、そもそもその世界しか知らない人が多いんですよね。

自分の幅を広げたり人間の器を広げていくためには、より多くの人に、対等に、紳士的に、多様性を認めるように色々な人の人生に触れていくことが大切だと私は考えています。

多様性を認め他者を受容していく人に、「いじめ」のもとになる他者との比較や妬みという感情は生まれません。

いかに今までの自分に気づき、自分自身が多様性を認める人間として変化をしていけるかどうかを身をもって子供達に伝えていくこと、それが教育だと私は考えます。


ついつい、ぱうろ節が炸裂しましたがw
今日も1日頑張っていきましょう!


ではまた。

やってしまいました。

どうも。ぱうろです。

昨日は記事を投稿し忘れてしまって。
今まで続けてきたのに穴を開けてしまってすごく残念な気持ちです。

実際のところ、書く内容に悩んだこともあったんです。

最近自分自身の学びが停滞してたかもしれませんね^^;

もしかしたら、この土曜日は息子の保育園の運動会だったので疲れていたのかもしれません。

理由を考え出すと色々出てきますが^^;

どんな元気な人でも自分の状況に気づかない場合もあります。自分で自分の変化に気づいていく必要がありますね。

変化のサインを見つけていくことで自分をコントロールしていくことにつながります。
出来れば「やばいな」って思う2個くらい前のサインを見つけていくと対処していきやすいです。


今日も一日頑張りましょう!


ではまた。

保育園の運動会のこれだけは伝えたいこと

どうも。ぱうろです。

今日は、次男三男の保育園の運動会だったんですが、年齢もあるのか疲れてしまいました^^;

息子たちも頑張っていました。
実はうちの次男坊は、自閉症スペクトラムと診断されています。そのため周りと同じことはできない部分もあります。環境の変化に敏感な部分もあって、今日はすごく嫌だったんだと思うんです。

そんな中、周りと同じことは出来ませんが、「あの場に居れた」ことがわたしは素晴らしいと思いましました。
多少できた競技もありましたし、なんせ途中で、周りを気にせず遊びだす、鉄のメンタル面も見せてくれて私は大満足でした。

近くで見ていた人が「あの子できてないで」みたいなことをいっていて、一緒にいた妻は「豆腐のメンタルだから辛い」と苦笑いしてました。
私はその場で結構大きな声で
「素晴らしいじゃないか、あの場にいて自分を表現して周りに示してくれて。彼は素敵で素晴らしい。人の多様性を認められないのは親としてナンセンスなんだよ」
と話をしました。

世の中いろんな人がいるんです。
私は、息子があの場にいて存在してくれていることが世の中のプラスになっていると確信しています。
「自分みたいに生きていいんだ」「生きてるんだ」を表現しているんです。感化されないわけがないんです。
なんせ「あの子できてないで」と言うこと自体感化された反応ですから。

「一生懸命が人によって違って、それでいいんだ」ということ。

そういうことを教えれる大人でありたいし、親でありたいものです。


ではまた。

今しんどい貴方へ

どうも。ぱうろです。

今日は毎日が辛い、いじめとかにあっている人に向けて書きたいと思う。

私は実は、めっちゃくちゃガラスのハートなんですw
言われたことにショックを受けたり、めちゃめちゃ気になるんですね。
今も気になるときもあるんですが、今は以前に比べてだいぶ気にならなくなりました^^;

実は、もともとイジメられることがあったりする気弱な自分だったんです。人がどう思ってるかが気になったり、いつも周りの目を気にしていました。
何事もはじめがあるのに失敗する自分を見られたくなかったり。

でも僕はある時気づいたんです。
周りに影響されるのはもうやめようと。

人をどうのこうの言う人は暇なんです。
自分のことでいっぱいいっぱいの人は自分のことしか目を向けれないはず。それなのに相手のことを色々いう人は、暇があるひとなんですよね。
あなたはそんな暇人の戯れ言に付き合う必要はないんです。

もし、自分が尊敬している人に何か指摘を受ければそれを嫌だなとかいじめられてるって感じる事ってないと思うんです。
なぜなら自分が尊敬してると思ってる時点でその人から学ぶ準備ができているからです。
そういう人に何かを言われることは自分の学びとして吸収できますし思考もプラスに変えやすいです。

いま自分に起こっている出来事に自分が影響されるかどうかは「自分自身が選べる」ことなんです。

それで物事の本質なんだと僕は思っています。

もしこれを見た人で、今がとっても辛くて逃げ出したい現実を抱えてる人は、一度立ち止まって考えてみてください。

私も自分を変えることができました。
周りは変えないけど自分は変えれます。


ではまた。