楽しく生きたい!イキイキ生きたい!

人生をイキイキ楽しく過ごしたいと思いながら、なかなかできない自分自身を変えていくための、チャレンジや経験のお裾分けブログ

退職代行っていう選択について考える

どうも。ぱうろです。

昨日は、ほとんど家で子どもたちと家で過ごしていましたが、あっという間に夕方になって、「今日一日何だったんだろう」って思います(笑)

今のは、不平不満があるわけではなく、子どもが大好きなので、子どもの笑顔に癒やされたから良かったけど、時間はあっという間に過ぎるという話です^_^

合間にニュース番組をテレビを見ていたら、
最近話題の業者として「退職代行」 というのがあるそうです。何でも商売になるんだなって思ったんですが、「まじか!」って気持ちになりました^^;

5月はゴールデン開けの相談が凄かったそうですが、

理由として
「 休み明けで やる気がなくなった」
「 みんな休んでるのに何で私だけ仕事をしているんだろうと思い辞めたくなった」
「 直接言ったら何か言われるだろうと思って使った」
みたいなケースが多かったそうです。

昔「目の付け所がシャープでしょ!」ってCMがあったんですが(知ってる人は同世代w)、退職代行って目の付け所がいいですが、使いようかもしれませんね。

例えば、ブラック企業でなかなか辞めれず、意思表示したのに辞めれない場合など、甚だしく権利を侵害しているようなケースはいいかもしれません。

ただ、「 休み明けで やる気がなくなった」「 みんな休んでるのに何で私だけ仕事をしているんだろうと思い辞めたくなった」みたいな時は、私はいいとは思いません。

というのも、
人の行動や選択には「請け負わないといけない責任」が生じます。辞めるという決断に対して、企業と話し合い向き合うストレスフルな状況を自分自身で請け負うからこそ、企業や対人関係での円満な解決できるスキルを獲得できるはずです。

それはこれからの自分自身が「何かと向き合う力」になります。その力がないと、仕事以前に、対人関係や生活、病気など困難な状況に立ち向かう力らがなくなると思うのです。自己成長はもとより、向き合えない自分になっていってしまうと思います。

ブラック企業相手には、こちらが意思表示して向き合う姿勢があっても、そもそも同じ土俵に上がってくれない
可能性があるので、精神面を疲弊するよりはいいと思います。ただ、 業者は様々で、本来退職金などの交渉は弁護士免許が必要なのに代行したりと、悪徳業者もいるみたいなので、使うときは気をつけないといけませんね。

どんな状況でも、「ベクトルの向け方」や「ツールの使い方」が自分の人生を大きく変えていくため、より良い選択をしていけるといいですね!



ではまた。