楽しく生きたい!イキイキ生きたい!

人生をイキイキ楽しく過ごしたいと思いながら、なかなかできない自分自身を変えていくための、チャレンジや経験のお裾分けブログ

大津市の交通事故で思うこととMT車に乗れ!

どうも。ぱうろです。

昨日、仕事で車を走らせていたのですが、あちらこちらで警察の方を見かけました。
もうすぐ交通安全運動ですね。

最近、いたたまれない事故が多いですね。

大津市の保育園児に車が突っ込んだ事件もショッキングでしたね。普段から車を運転している者として、また、4児の父としても身が引き締まる思いがあります。

保育園の会見を見て、怒りや悲しみいろいろな感情がありました。リアルタイムで見ていたわけではないですし、会見の場にいたわけではないのですが。

マスコミも叩けばいいってもんでもないが、記者のベクトルが違う印象を持ちました。そもそもマスコミの正義があるのでしょうが、伝えたからには、責任が生じると私は認識しています。ただ「これは違った」というときにその責任を果たしている姿は、今までのメディアではあまり見受けられないと思っています。
朝からニュースを見たら、保育園ことを養護する話が出たり、なんかやりきれなさを感じます。

報道や情報とは、一歩引いて総合的に判断して、左右されない自分でいたいものです。


交通事故の多さは残念ですが、高齢者の事故が目に付きますね。事故を起きないようにいろんな技術が進んでますが、それもまた安全を考える機会になればいいですね。

私は、60を過ぎたらミッション車に乗ろうと考えています。周りからはエーって言われそうですが^^;

というのも、今の自動運転やオートマチック化、電気自動車化の風潮で、運転が楽にできることも問題に感じています。
何でもワンアクションで出来てしまったら、間違いもすぐに行動化してしまいます。
人は多くの段階を踏んで、複雑なプロセスがある方が躓きやすいからです。

それは、安全や危機管理の面で話でよく話がある、スイスチーズモデルの発想ににていますが、よくいわれていることです。

ミッション車は減速はブレーキを踏むというワンアクションですが、加速はギアを変えたり複数の手順が必要です。認知症になれば複雑な工程は難しくなりますし、自分や周囲が異変に気づきやすいと思います。


これから高齢化社会も加速していくため、移動手段を確保しながら、いかに安全を意識していけるかが大切ですね。


今日も1日安全運転で行きましょう!

ではまた。